女性をいたわる新発見成分 エクオールのひみつ

女性をいたわる新発見成分 エクオールのひみつ

女性に朗報!からだを助けるエクオールを徹底解明

HOME » エクオールはどうやってできるの? » エクオールをつくれる人とつくれない人の違いとは?

エクオールをつくれる人とつくれない人の違いとは?

大豆製品をどんなに摂取しても効かないと感じている人は、イソフラボンがエクオールに変換されていないのかもしれません。ここでは、エクオールを体内でつくれる人とつくれない人の違いについて説明します。

エクオールをつくれる人とつくれない人の違いは「食生活」

要点をチェック!

  • エクオールをつくれるかどうかは、大豆イソフラボンからエクオールをつくりだす腸内細菌がいるかどうかに左右される
  • エクオール生産菌の有無は、大豆製品を食べる習慣があるかどうかが大きく関わっている
  • エクオールがつくれるかどうかはソイチェックという検査で調べることができる

大豆や豆類を多く食べる習慣がある国や多く食べる年代の人にエクオールをつくれる人が多く、昔からあまり豆類を食べる習慣がない国や食べる量が少ない世代ではエクオールをつくれる人が少ないという調査結果が出ています。

遺伝の可能性は低く、生まれてからの食習慣が要因とみられる

ということから、食習慣によってエクオールを生産する菌が腸内に常在するようになっていることが推測できますが、まだ、生産菌がいるかどうかの原因はよくわかっていません。両親は持っているのに、子どもが持っていないケースもありますし、その逆のケースもあるために、遺伝も関係がなさそうだと考えられています。

ただ、日本人女性も若い世代になると、菌をもっている人の割合がグッと減るので、やはり生まれた時から食習慣は欧米化しており、大豆や発酵食品を習慣的に食べるということがなくなっていることが原因なのではないかと考えられています。

つくれなくても大豆製品は積極的に摂るべき

大豆イソフラボンには、エクオールだけでなく、他の働きをする成分も含まれています。

その他、豊富に含まれる食物繊維は便通の改善や余分なコレステロールの排出を助けますし、タンパク質は骨や皮膚をつくる元になります。代謝を助けるビタミンB群も豊富です。大豆サポニンは抗酸化作用が強いことが知られ、コレステロールを低下させ、肝機能の障害の改善、生活習慣病の予防など様々な効果があることがわかっています。

エクオール作用以外でも、からだに対して大きな影響を与える、栄養価の高い食品なのが大豆製品なのです。

腸内の環境は食生活や生活習慣によってつくられていますから、日々の食習慣などを見直すことで徐々に変化していくことも考えられます。

エクオールの研究がさらに進んでいけば、エクオール生産菌がどのようにしたら増えるのかもわかってくるかもしれません。つくれないから仕方がない…とあきらめずに、健康食品としての大豆の恩恵を受けながら、腸内環境を整えることが大切です。

エクオールがつくれるかどうかは「ソイチェック」でわかる

自分がエクオールをつくれるのかどうかは、ソイチェックという検査で知ることができます。エクオールは体内で働くと翌日には尿から排出されるため、尿を検査することでエクオールをつくれているかどうかがわかります。

「エクオールはどうやってできるの?」一覧

 

エクオールを補うおすすめサプリメント
エクエル
エクエル 画像引用元:オオツカ・プラスワン
(http://www.otsuka-plus1.com/shop/g/g54071/)
販売元大塚製薬
1日の
エクオール摂取量
10.0㎎
価格/内容量4,320円/112粒
エクオール10mg
(1日の必要摂取量)
あたりの価格
154円

1日の摂取量目安である10㎎のエクオールをしっかり補えるうえ、吸収力に優れた大豆イソフラボンアグリコンが1粒中1.6㎎含まれています。1日に必要なエクオール10mg当たりの価格では最も安価でした。

エクオール+ラクトビオン酸
エクオール+ラクトビオン酸 画像引用元:Advaced Medical Care
(http://www.suppli-tm.com/equol/)
販売元Advaced Medical Care
1日の
エクオール摂取量
10.0㎎
価格/内容量5,832円/90粒
エクオール10mg
(1日の必要摂取量)
あたりの価格
194円

1日3粒で10㎎のエクオールが補えるサプリメントです。エクオールに加え、ラクトビオン酸によってエクオールの生産力が上がっているので、エクオールを自分で生産できる方は注目です。

発酵大豆イソフラボンエクオール
発酵大豆イソフラボンエクオール 画像引用元:小林製薬
(http://www.kobayashi.co.jp/seihin/eq/index.html)
販売元小林製薬
1日の
エクオール摂取量
2.0㎎
価格/内容量2,700円/30粒
エクオール10mg
(1日の必要摂取量)
あたりの価格
450円

エクオールの含有量は1日分あたり2㎎と少なめですが、イソフラボンがたっぷりと含まれており、1日の摂取目安量30㎎に近い28㎎(アグリコン換算だと17.5mg)が配合されています。

マメビオプラス
マメビオプラス 画像引用元:マメビオショップ
(https://www.probiotech.jp/products/detail.php?product_id=4)
販売元プロバイオテック
1日の
エクオール摂取量
公式サイトに記載なし
価格/内容量4,574円/30粒
エクオール10mg
(1日の必要摂取量)
あたりの価格
不明(エクオールの含有量記載無しのため)

エクオールを含むイソフラボンがたっぷりと配合されたカプセルタイプのサプリメント。イソフラボンの他に乳酸菌をはじめとする「BF4菌群」が含まれており、腸内環境もキレイにしてくれます。

 
女性をいたわる新発見成分 エクオールのひみつ