女性をいたわる新発見成分 エクオールのひみつ

女性をいたわる新発見成分 エクオールのひみつ

女性に朗報!からだを助けるエクオールを徹底解明

HOME » エクオールの効果とは? » 副作用はないの?

副作用はないの?

このページでは、エクオールの副作用について説明します。

エクオールに副作用の心配はありません

要点をチェック!

  • エクオールは大豆由来の成分なので、基本的に副作用はないと考えて良い
  • エクオールのもととなる大豆製品は、過剰摂取よりも不足に気をつけるべき

大豆は古くからずっと日本人が食べてきたもの。豆腐などの食材としてだけでなく、みそやしょうゆなど、日本食とは切っても切れないものです。そして、大豆はからだに良いともずっと言われてきました。

味噌汁エクオールはその大豆から抽出したものですから、基本的に副作用はないと考えてよいでしょう。

現代人は、昔にくらべると大豆の摂取量が減っていますから、必然的にエクオールの量も減っていると考えられます。海外では日本人の更年期症状が軽いとして大豆の摂取量の多さを理由としてあげていた発表もあったそうですが、食事の欧米化を考えると、副作用を気にするよりも、摂取の減少を機にすべきかもしれません。

目安となる摂取量は?

もちろん、からだに良いものでも過剰に摂取するのは良いことではありません。

内閣府の食品安全委員会の発表では、大豆イソフラボンの1日の上限摂取量は70~75mgを目安としています。

では、大豆イソフラボン75mgとは食品になおすとどのくらいなのかと言うと、

  • 納豆(45g)のパック 2つ
  • 豆腐300gのもので約1丁
  • きな粉 大さじ8杯

となります。

毎日過剰となるほど摂るのは少し難しい量です。

毎日の食事に加えて、サプリメントなどで摂る量について、30mgという目安も設定されていますが、毎日意識して、納豆や豆腐を摂るようにしているという人でも、上記にあげた量の半分程度だと思われるので、加えてサプリメントを摂取しても、あまり心配はないレベルではないかと思います。

「エクオールの効果」一覧

 

エクオールを補うおすすめサプリメント
エクエル
エクエル 画像引用元:オオツカ・プラスワン
(http://www.otsuka-plus1.com/shop/g/g54071/)
販売元大塚製薬
1日の
エクオール摂取量
10.0㎎
価格/内容量4,320円/112粒
エクオール10mg
(1日の必要摂取量)
あたりの価格
154円

1日の摂取量目安である10㎎のエクオールをしっかり補えるうえ、吸収力に優れた大豆イソフラボンアグリコンが1粒中1.6㎎含まれています。1日に必要なエクオール10mg当たりの価格では最も安価でした。

エクオール+ラクトビオン酸
エクオール+ラクトビオン酸 画像引用元:Advaced Medical Care
(http://www.suppli-tm.com/equol/)
販売元Advaced Medical Care
1日の
エクオール摂取量
10.0㎎
価格/内容量5,832円/90粒
エクオール10mg
(1日の必要摂取量)
あたりの価格
194円

1日3粒で10㎎のエクオールが補えるサプリメントです。エクオールに加え、ラクトビオン酸によってエクオールの生産力が上がっているので、エクオールを自分で生産できる方は注目です。

発酵大豆イソフラボンエクオール
発酵大豆イソフラボンエクオール 画像引用元:小林製薬
(http://www.kobayashi.co.jp/seihin/eq/index.html)
販売元小林製薬
1日の
エクオール摂取量
2.0㎎
価格/内容量2,700円/30粒
エクオール10mg
(1日の必要摂取量)
あたりの価格
450円

エクオールの含有量は1日分あたり2㎎と少なめですが、イソフラボンがたっぷりと含まれており、1日の摂取目安量30㎎に近い28㎎(アグリコン換算だと17.5mg)が配合されています。

マメビオプラス
マメビオプラス 画像引用元:マメビオショップ
(https://www.probiotech.jp/products/detail.php?product_id=4)
販売元プロバイオテック
1日の
エクオール摂取量
公式サイトに記載なし
価格/内容量4,574円/30粒
エクオール10mg
(1日の必要摂取量)
あたりの価格
不明(エクオールの含有量記載無しのため)

エクオールを含むイソフラボンがたっぷりと配合されたカプセルタイプのサプリメント。イソフラボンの他に乳酸菌をはじめとする「BF4菌群」が含まれており、腸内環境もキレイにしてくれます。

 
女性をいたわる新発見成分 エクオールのひみつ